レッドドッグ

レッドドッグポーカーは標準の52枚のカードでプレイします。1度に3枚のカードでプレイし、ポーカーのランクと同様になります。エースが高く、2が低く、カードのスートは無関係です。まず、ベットします。ベット後に、表向きの2枚のカードでプレイします。各ラウンドの開始には3つの可能性があります。最初の2枚のカードが順番になっていれば(例えば10とジャック)、ハンドはプッシュでベットは戻ります。最初の2枚のカードが同等であれば、3枚目のカードが配られます。3枚目のカードも同等であれば、ペイアウト率は11:1となります。3枚目のカードが異なっていれば、プッシュとなり、賭け分が返ってきます。上記以外の場合、ディーラーはスプレッドを宣言し、リアルゲームが開始します。スプレッドはペイアウトを定めます。スプレッドが宣言されると、プレイヤーは2枚の表向きのカードに基づき、賭けを倍にできます。ディーラーが表示した3枚目のカードが最初の2枚のカードの値の間であればプレイヤーの勝ちです。この場合、3枚目のカードが表示される前に宣言されたスプレッドに一致して、プレイヤーは賞金を獲得します。